Instagramのアカウントが凍結した場合の対処法(絶望編)

Instagramのアカウントが凍結した場合の対処法(絶望編)

どうも。kumasterです。いつの間にか2021年でした。

ピアノ初心者の僕が2020年の夏にはじめたこのブログ。
サーバーの契約なんかのタイミングもあり閉じちゃおうかなぁと思ったりもしましたが
僅かでも訪れてくれる方がいるので継続することにしました。独り言。

今更ですが、今年も宇多田ヒカルさんのこと
音楽のこと、ピアノのこと、そしてもっと幅広い(つまり何でもいんですが)ことを
勝手につらつら書ければなと思います。

本年もよろしくお願いいたします!

前触れもなく突然のアカウント停止

で、一発目、アカウントが凍結されちゃったお話しますよ。
悲しいお話です。

何故かインスタのアカウントがいきなり凍結していました。

復帰させるためにあれやこれややりましたが
結果、アカウントは永久凍土です。諦めました。無念。

これまでSNS系を含み、所謂「垢BAN」の経験はないので
「理由」が不明で少し戸惑いました。

実は現在も理由は不明というか思い当たる節がないです。

僕はIT関連のお仕事を長くやっていたので、ユーザーさんのアカウントを監視、
違反があれば凍結する側の業務もしていました。

SNSやゲーム、一般的なサイトの仕組みや規約
開発側、運営側の方針、立場などもその業界にいたのである程度は理解しています。

一般的に規約違反をしたアカウントは、サイト内の巡回、他者からの通報などにより発覚し
然るべき対応=注意、警告、アカウント停止等の処理がされます。

さてはて、じゃ僕はインスタで意図せず何をしてしまったのか。

身に覚えがないならサポートに問い合わせよう

Instagramのアプリを立ち上げるとエラー画面になってアクセスできない状態です。

みると「利用規約への違反があったためアカウントが停止されました」とあります。

違反行為に身に覚えがないのでさらに読むと「再開できる可能性があるので確認しろ」あります。
やはり身に覚えがないので、この時点ですでに不信感です。

「詳しくはこちら」をタップすると次にこんなメッセージが。

「他人になりすましているために停止された」ですって。

さてはて、誰になりすましていたのか。。
投稿するのは宇多田さんの画像がほぼです。

まさか宇多田ヒカルになりすましている?とでも!

どうしても身に覚えがないので「これが誤りだと思われる場合は、お知らせください」をタップしてみます。

間違いにより停止されたと思う場合は調査してくれるみたいです。
ただ調査には運転免許証などの本人確認書類が必要らしいです。

でも少し違和感が・・本人確認をするなら事前に本人登録をしているのが前提では・・
インスタに本名や住所などの情報を登録した記憶がないのに本人確認書類とは・・

でも先に進まないことには解決しないので必要な情報を入力。

先述の通り、一致する個人情報なんてないのに本人確認が必要?
なことに違和感ありましたが、スマホで撮影した運転免許証を添付して送信をポチっとしました。

本人確認は少々敷居が高い

サポートに送信してから約24時間後に以下のような返信がきました。
※日本語ではなくやり取りはすべて英語でした。

Hi,

Thanks for your response. To confirm that you’re the owner of this account,
you’ll need to reply to this message and attach a photo of yourself holding
your government-issued photo ID.Make sure that the photo you send:

– Includes both your hand that’s holding your ID and your entire face
– Clearly shows your face in both the photo and the ID
– Is well-lit, and is not too small, dark or blurry
– Is attached to your reply as a JPEG file

Once we receive and review a clear image of you and your ID,
we will permanently delete your attached identification documents from our servers.
Thanks in advance for your understanding of this security policy, and we’re sorry for any inconvenience.

ようは、あなたのアカウントかどうか確認するから
「運転免許証を持っている姿の写真を添付しておくれ」と。

あぁ海外の犯罪ドラマでよくあるあれかと。和室なのに気分は犯人です。
ご丁寧に撮り方まで細かく指示してくれています。

まぁひたすら違和感はあったんですけど、やっぱり個人情報を登録していないのに
どうやってアカウントの所有者と紐付かせるのか疑問。。

て、本人ですけどね。

仕方ないので運転免許証を手に持ち、顔も入れて写真を撮って返信しました。

さてはて、アカウントは無事復帰できるのか。

サポートからの絶望的な返信

運転免許証を手に持ち顔を移した写真を返信してからやはり約24時間後
サポートから返信がきました。

Hi,

We can’t give you access to this account or continue with your request because we haven’t received an acceptable ID that matches the information listed on the account.

Thanks

アカウントに記載されている情報と一致するIDを受け取っていないので
アカウントは復帰できません。ありがとう。

いやいや、ありがとうじゃない(笑

だからそんなの最初からわかってたじゃないかと。
そもそも個人情報を登録してなかったんだから、身分証とは一致しないでしょ。。

てことで、アカウントは儚く永久凍土になりました。

Instagramのことを自分がよくわかってないのも要因だったのですが
身分証と、身分証と一緒に写る自分の写真送らせておいてこんな仕打ちでした。

結局、違反行為とされた「なりすまし行為」の真意も不明です。

その後も何度かサポートに、なんとか復帰させてくれないか。
そもそも情報登録してないので一致するわけないですなどのやり取りましたが
テンプレ対応のあと完全にシカトされてしまいました。

アカウントを守るのは自分自身

そんなこんなでInstagramの場合、個人情報なり身分証と一致する情報が登録されていれば
無事にアカウントは復帰できるはずです。

サポートからの案内の通り、本人確認には政府発行の身分証が必要です。
運転免許証やパスポート、マイナンバーカードとかです。

おそらく顔写真がない時点で無効になると思います。

理由がなんであれ本人確認ができない場合は絶対復帰してれくないので
ある意味ちゃんとしているとは思います。その点では安心感もありますね。
融通は効きませんが、融通が効くセキュリティーてのもちょっとね。。

僕みたいに身に覚えのない違反行為でアカウント停止などされた場合
事実無根を訴えたところで本人確認ができないとサポートはとりあってもくれません。

普段からちゃんと自分の大切なアカウントを管理して
必要なら個人情報を登録して、セキュリティーを強固にしておくに越したことはないですね。

サイトなりの規約なんてめんどくさくて読まないことが多いと思いますが
違反行為やアカウントについて記述されている部分だけでも読んでおくほうが懸命です。

大事に育てたアカウントを失わないように。。